教職員用メール 鳥取大学Gmail

クイックリンク

はじめに

従来のTU-Mailから鳥取大学Gmailへ移行します。
2019年8月6日9時以降から利用できます(メールがGmailへ配送されます)。
移行についてのページはこちらです。

概要

教職員を対象としたメールサービスです。
鳥大IDと1対1に対応した任意のメールアドレスが利用できます。
Google社が提供するG Suite for Educationに含まれるGmailサービスを利用しており、メールの保存容量に制限はありません。

登録方法

メールアドレスが未登録の方は、まず登録を行う必要があります。
下記の各部局担当部署の連絡先へご連絡ください。
メールアドレス申請書はこちらです。

メールアドレスを登録する際の連絡先

利用方法

以下の2通りの方法で利用できます。

Webメール

Webメール (Gmail) にアクセスして下さい。

最初にメールアドレスを入力した後、鳥大IDもしくはメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

メールクライアントソフト

設定を行う必要があります。

よくある質問

下記ページによくある質問をまとめています。
[よくある質問]

送信元(差出人)メールアドレスの変更

メーリングリスト(代表アドレス)などを一時的に送信元(差出人)メールアドレスとしたい(一時的に送信元(差出人)メールアドレスを変更したい)場合は事前にGmail上で設定が必要になります。メールソフトを利用している場合は、併せて下記を参考にメールソフトの設定を行ってください。

メールの自動転送

電子メール利用ガイドラインにより、メールを大学施設(キャンパス)外へ自動転送することは原則として禁止、必要がある場合にはメール転送先・理由・期間・セキュリティ対策などを明確にした上で所属する部局の部局情報総括責任者の了解を得ることと定められています。

Gmailへのアドレス帳インポート方法

こちらのページを参考にGmailへのアドレス帳インポートを行ってください。

中国などGmailが利用できない地域からの利用について

Googleサービスが利用できない国や地域が存在しています。
それらのところからメールを送受信できるよう、Office365のメールサービス(Exchange Online)へもメールを配送しています。下記のOffice365ページにログインし、「Outlook」を選択してください。
なお、Gmailから送信したメールはExchange Onlineにはありません(逆も同じです)。
中国などで自分が送信したメールが必要な場合は「Cc」で自分宛にも送信する必要があります。

  1. G Suite管理者ヘルプ
  2. Google透明性レポート

利用上の注意

もどる

pagetop